ホーム 診療内容|主な治療:歯周病治療

主な治療:歯周病治療

歯を支える土台が蝕まれていく怖い病気です。早めの診断を。

歯周病は、歯の周りにある細菌が原因で歯茎が炎症を起こし、進行すると歯槽骨(歯を支えている骨)が溶かされて、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

また歯周病は糖尿病や心内膜炎、早産とも関係があります。

当院では歯周病は「菌」「力」「免疫」が歯周病に大きく影響すると考えて治療に取り組んでいます。

imgae

おがわ歯科の治療

歯科衛生士による治療

国家資格を持った歯科衛生士がお口の中を検査し、ご自分では取れない歯垢や歯石を取り除きます。そしてその状態を記録して今後の治療に役立てています。
検査した写真や検査値はプリントして、「健康ノート」にファイルしてお渡ししています。

おがわ歯科医院

体の表面や体内存在する微生物(細菌、真菌など)はおよそ100兆個ともいわれており、 口腔内には約300種類の微生物(細菌・真菌)が常在菌として棲息しています。
その中にはお腹の調子を整える乳酸菌などの善玉菌なども含まれます。
それらがバランス良く拮抗を保って健康が維持されるのですが、そのバランスが崩れる事で様々な病気が引き起こされます。

対策として
・正しい歯磨き
・歯科衛生士による歯石取りやクリーニング
サプリメント
細菌検査
・汚れが溜まりにくくお掃除がしやすい形の被せ物
・マウスウォッシュ
おがわ歯科

歯に掛かる力の負担

歯並びが悪いと、歯に対して無理な力が掛かってしまいます。
また、歯が抜けたり被せ物や義歯が合わなくても負担が掛かってしまいます。
頬杖や指吸などの癖なども影響します。
そしてこれらに大きく関係するのが「顎関節との関係」「日中の無意識な噛みしめ」「就寝時の噛みしめや歯ぎしり」です。

対策として
・噛みしめの改善を意識する
・ナイトガードを装着する
・歯並びを治す
・被せ物や義歯を治す
・癖を治す
※矯正治療や多数の被せ物を治す場合、顎関節や顎の動きを考えた治療が必要です
おがわ歯科

身体の抵抗力(免疫)

体調が悪くなった時に歯ぐきが痛んだという経験をされた方も少なくないと思います。
インフルエンザや風邪が流行している時、体調が悪い時は簡単にうつり、良い時はなかなかうつりません。

対策として
・規則正しい生活をする
・栄養のバランスを考えた食事を取る
・適度な運動をする
・笑う!(非常に大切です)
・前向きに考える!(非常に大切です)
おがわ歯科

診療内容

  • 診療内容TOP
  • 予防・ケア
  • 細菌検査
  • ドッグベストセメント
  • プロバイオティクス
  • ダイアグノデント
  • 主な治療
  • 歯周病治療
  • 虫歯治療
  • ホワイトニング
  • メラニン色素除去
  • ファイバーコア
  • オールセラミック
  • インプラント
  • よくある質問
  • 保険治療と自費治療について
  • よくある質問
症例・スタッフブログ
求人募集
携帯サイトはこちら
おがわ歯科の営業時間
ページの先頭へ戻る
おがわ歯科のページへ

TEL/FAX:072-851-8888